贈答品 Gift Goods

各種御祝いの品として

結婚式の引出物をはじめ、還暦の御祝い、銀婚式の御祝い、入学の御祝いなど様々な御祝いとして「お箸」をプレゼントされるリピーターのお客様が多いことも当店の特徴です。長く使うものだからこそ、相手の方から喜ばれる品をあげたい・・・、他の方とは違ったモノをあげたいなど理由は千差万別ですが、共通して言えることは、自分では高価なお箸を購入するきっかけがなかった人たちが、実際にプレゼントをした相手の方から「とても使いやすい!! 家族の分もお金を払うから購入してきて欲しい」という声が当店に寄せられているという事実です。毎日使うものだからこそ今まで使っていたお箸との差がはっきりとわかり、食事そのものが楽しくなったという方が多いのかもしれません。
是非この機会に、当店オリジナルのお箸をご購入いただき、その価値を体感してみてください。
ギフトとしてプレゼントされる場合は、専用の箱やのしなどもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。

  • 名入れ(有料サービス)

  • ギフト箱(のし有・無)

  • 夫婦箸セット

日本のお土産として

日本をはじめとするお箸を使う国は主に東アジアにあり、中国、朝鮮半島、ベトナム、タイ、シンガポールなどの国々で世界の25%程度となります。ただ、日本以外の国はお箸と匙を併用して使い、お箸も個人用の食器としてではなく、日本でスプーンがそれと同じように誰もが共有して使うものであるようです。中国やベトナムのお箸は日本のお箸より長く、頭から箸先まで同じくらいの太さの寸胴型で、朝鮮半島では金属のお箸を使ってきましたが食事は匙が主であり菜類などは箸を使います。日本のお箸は食事用に塗箸や木や竹製のものを多く使い、形や長さも様々で、男女別、子供用などもあります。用途も調理用の菜箸や取り箸、火を使う火箸など。同じ機能の食器でこれだけ多くの種類を持つ国は他にありません。 日本のお箸は「つまむ、はさむ、運ぶ、切る、裂く、ほぐす」など万能な道具として日本の食文化に合わせて使い易い形に変わってきました。 
故にお箸を使う日本以外の方達も日本のお箸が使い易いと感じる方も多く、また、欧米の方達も近年、和食への関心の高まりやラーメン店などの人気もあってお箸を使う機会が増えている事から、日本のお土産にお箸を購入していかれる海外のお客様も年々増えています。

このページのトップへ

このページのTOPへ